金沢|カウンセリング・お悩み相談【楽庵】

お知らせ

本音とは?

2015/09/13

コミュニケーション上の

大きな誤解の一つに

 

「言いたいことを言うとケンカになる。」

 

というものがあると思います。

「私はいつも言いたいことを言っているのに、

相手が何も言おうとしない。」

 

「こっちは話そうという気で会話しているのに、

相手が心を開かない。」

 

という場合は、

 

言いたいこと(言っていること)=本音ではないこと

 

ということが考えられます。

”本音で話す”ということを

理解しているかどうかで

会話の内容は大きく変わってきます。

 

本音とそうでないものの例を挙げてみますので、

参考にしてみて下さい

 

★本音でないもの(あなたは~しなさい。)

「テーブルの上に缶を”置かないで”!」

「まだ準備してるの!?”早くしてよ”。今日は出かけるってわかってたでしょ!」

「遅く帰って来るなら”連絡してよ”!」

 

☆本音(私は~と感じる。)

「倒れるんじゃないかと”心配になるから”テーブルの上に缶を置かないで。」

「今日一緒に出掛けられるのを”楽しみにしていたよ”。準備はまだかな?」

「遅く帰って来る時は、事前に連絡してくれると”安心だな”。」

 

違いに気づいていただけましたか?

 

★本音でないもの、は

 

「あなたは~(行動)しなさい。」

→缶を置かない・早く準備する・連絡する

と相手の行動を非難しているのに対し、

 

☆本音、は

「私は~(気持ち)と感じる。」

→心配・楽しみ・安心

と自分の気持ちを伝えています。

 

★「まだ準備してるの!?今日は出かけるってわかってたでしょ!」

と言われると、

相手は少なからずイヤな気持ちになるかもしれません。

 

☆「今日一緒に出掛けられるのを楽しみにしていたよ。準備はまだかな?」

と言われると、

逆に嬉しい気持ちになるのではないでしょうか?

 

『本音』とは文字通り

『本当の音』

と捉えるとわかりやすいかもしれません。

 

心配・・・ハラハラ、ヒヤヒヤ

楽しみ・・・ワクワク

安心・・・ホッ

絶望・・・ガクッ、ズーン

 

このように『音』に置き換えられるものを

会話の中に取り入れてみると、

「言いたいこと(本音)を言ってもケンカにならない。」

ということを感じていただけると思います。

 

今、自分はドキドキしているか?

今、自分はヒヤッとしたか?

今、自分はワクワクしたか?

 

と、普段からちょっと意識して

自分の本音に耳を傾けておくと、

いざという時に

相手に誤解を与えることなく

自分の気持ちを伝えることができるようになります。

 

****************************************

心理カウンセリング/マインドブロックバスター

石川県金沢市

カウンセリング・ルーム 楽庵

****************************************

一覧へ戻る

お申込みはこちら

TEL:090-2835-2614

楽庵

  • お申込みはこちら
  • TEL:090-2835-2614

    カウンセリング中は電話に出ることができません。後ほどかけ直しますので、しばらくお待ち頂くか、申込みフォームからお申込み下さい。

  • カウンセラー紹介
楽庵
〒920-1152
石川県金沢市田上

人間関係や仕事、恋愛などの悩みを抱えていませんか?金沢の心理カウンセリングルーム楽庵では「聴く」と「導く」の両方面からサポートします。

page top