金沢|カウンセリング・お悩み相談【楽庵】

お知らせ

自分で自分を受け止める方法

2015/09/19

心で感じることと

頭で考えることは

別々のものなのだ。

 

そう意識してみると

自分の本音に近づきやすくなります。

 

簡単に二つの違いを述べると、、、

 

①心で感じること

→真っ先に思ったこと

=自分の心の声

 

②頭で考えること

→「でも」「だけど」で始まるもの

(他人から言われ続けたこと、世間の常識など)

=他人基準の選択肢

 

となります。

 

朝起きた時に

「あ~、体が重い。

仕事に行く気がしない。

 

だけど今日は大事な案件の締切があるし、

休むわけにはいかない。

 

なんだかだるいなぁ

風邪かな?

 

体調管理もできないようでは

社会人失格だと思われるし

 

なんとか頑張って行くか

、、、、、ハァ。」

こんな思いが頭の中を渦巻いたとします。

 

この場合は、

①心で感じたこと

→体が重い。会社に行く気がしない。

 

②頭で考えたこと

→締切だから休むわけにはいかない。

体調管理ができないと社会人失格。

頑張って行く。

 

と思いを分類することができます。

 

①では心の声が聞こえているのですが、

②でその声を打ち消してしまっています。

 

締切に間に合わなければ

自分以外の人に迷惑をかけてしまう、

という考えと

 

体調管理ができないことで

他人から社会人失格と思われたくない、

という他人目線を優先した思考が

働いています。

 

心の声に従うことが

自分を解放する道に

つながるのだとすると

 

「体が重いから、会社を休む。」

 

という方法を選択したいところです。

 

それができない場合は

せめて自分の気持ちを

一旦受け止める

ということをしてみてほしいのです。

 

やり方はとても簡単です。

 

①と②の間に”間”を置く

心の声を聞いた通りに繰り返す(=受け止める)

 

だけです。

頭の中の思いがこのように変化します。

 

「①あ~体が重い。仕事に行く気がしない。

、、、、、、、、、、。(間)

そうかぁ、体が重いんだね。それで会社に行く気がしないんだね。(受け止める)

、、、、、、、、、、。(間)

いやだよ~!休みたい~!

、、、、、、、、、、。(間)

いっそ休んでしまいたいと思っているんだ?(受け止める)

、、、、、、、、、、。(間)

そうそう!いっそ休みたい!

、、、、、、、、、、。(間)

そうか、その気持ち、よくわかったよ。(受け止める)

、、、、、、、、、、。(間)

②だけど今日は大事な案件の締切があるし、

休むわけにはいかないんだよね、、、。

 

今回の仕事はチームでやってるし、

みんな成功させよう!っていう意気込みで

頑張ってきたからなぁ。

 

ちょっと体が重い気がするけど、

あとひと踏ん張りだ!

支度して出勤しよう。」

 

自分の中から

自然にいろんな声が

聞こえてきます。

 

自分で自分の心の声に

耳を傾けてあげたことで、

自発的で前向きな考えが

生まれてきたことに気づかれましたか?

 

このように①と②の間に

ワンクッション置いて

自分の心の声を受け止めることは

とても重要な意味があります。

 

私たちは普段、

膨大な量の考え事をしているため、

あるいは日常生活をこなすことに

精いっぱいになっているため、

 

自分でも自分の思いを

受け流してしまうことがあります。

 

これからはほんの少しだけ意識して

”心の声”

に耳を傾けてみてほしいのです。

 

あなたの理解を

心から必要としているのは、

他の誰でもない

あなた自身なのですから。

 

****************************************

心理カウンセリング/マインドブロックバスター

石川県金沢市

カウンセリング・ルーム 楽庵

****************************************

 

一覧へ戻る

お申込みはこちら

TEL:090-2835-2614

楽庵

  • お申込みはこちら
  • TEL:090-2835-2614

    カウンセリング中は電話に出ることができません。後ほどかけ直しますので、しばらくお待ち頂くか、申込みフォームからお申込み下さい。

  • カウンセラー紹介
楽庵
〒920-1152
石川県金沢市田上

人間関係や仕事、恋愛などの悩みを抱えていませんか?金沢の心理カウンセリングルーム楽庵では「聴く」と「導く」の両方面からサポートします。

page top